FC2ブログ

語句整序問題の勉強法

本日は、「語句整序問題」について・・・
いわゆる語句を並べかえて、適切な英文を作る問題です。

問題をざっくりと分類すると、

(1) 与えられた日本文に合う英文になるように、語句を並べかえる問題。
  私大に多いパターンです。

(2) 日本文なしで、与えられた語句を並べかえる問題。
  センター試験はこちらに分類され、(1)よりヒントが少なく、難しく感じる受験生が多いようです。

あと、長文内で語句整序問題を出題するパターンもあります。

語句整序問題が苦手な受験生は、
「動詞の語法」「関係詞」「分詞」 
あたりを再復習する必要があると思います。

あとは、「熟語」をしっかりと覚えていくことも大切です。

基本的には、小手先のテクニックで解くのではなく、前から空所を埋めていくクセをつけるべきです。

どうしても、分からない場合は
一番後ろの空所とその後の文のつながりから考える。
→センター試験では、結構使えるワザです。

②熟語などの組み合わせで、英文を作り上げていく。

しかしながら、基本は、英文の語順通りに考えることが大切だと思います。

高1・2生で、入試までまだ時間がある人は、
基本例文を暗記することをお勧めします。
英語の語順に慣れ親しむことで、整序問題はかなり楽に感じることができるはずです。

「CORE」では
「ドラゴンイングリッシュ基本例文1000 (竹岡広信 著)」
を指定教材として使用しています。

もちろん、問題演習を積むことも大切です。
色々と問題集が出されていますが・・・

自分が受験する予定の過去問、
またはセンター試験の過去問をするのが一番良いのではないかと思います。

あと・・・
センター試験の演習をすると、必ずいるのですが・・・

選択肢の記号や番号で並べかえていくのはやめた方がイイです。

必ずケアレスミスします。断言します。






スポンサーサイト

英文法 「正誤問題」の勉強法

英文法の正誤問題が苦手だという声をよく耳にします。
「全て合っているように見えるんです・・・」

一番良いのはCOREに来ることですが・・・(笑)

正誤問題が苦手な人のパターンとしては、
①文法・語法・構文知識(つまり基本知識)が十分に備わっていない。
 つまりそもそも勉強不足である。まずは基本知識を定着させましょう。

②一定量の問題を解いていない。
 空所式4択問題なら解けるのに、正誤問題になると正答率が極端に下がる人は、
 こちらに仕分けられると思います。

  正誤問題は、かなりパターン化して出題されますので、ある一定の問題量をこなすことが絶対に重要です。

  現在は、大学受験向けの問題集でもたくさんの良書がありますので、少し紹介させてもらいます。
   
  一番のお薦めは「大学入試 最難関への英文法」(大矢 復 著 桐原書店)でしょうか。
 正誤問題を解く上で注意をしなければならい内容が的確に説明されていると思います。

 ただし・・・
 私が持っている初版は、少し誤植が目立ちます。
 初版は、2011年に発行されていますので、
 恐らく現在販売されているものは、改訂がなされているでしょう。

 文法分野別に学習したいのであれば
 「英文法 形式別問題集 Vol.2 正誤問題」 (仲本浩喜 著 代々木ライブラリー)
 
 難易度の高い問題にチャレンジしたいのであれば
「スーパー講義英文法・語法正誤問題」(高沢節子 著 河合出版)

 がお薦めです。
 
 もちろん、過去問を解き進めることも良いと思います!

 夏休みも2週間あまりが終わりました。
 日々学習を!
 
 

プロフィール

corefukuoka

Author:corefukuoka
福岡市早良区西新の大学受験専門塾
個々の能力を伸ばす超少人数指導
専門特化した「医学部受験コース」「難関私大受験コース」や英語の4技能(話す・聞く・書く・読む)を伸ばす「KENSINGTON 英会話」とのコラボ講座が人気。
http://core-fukuoka.com/

ランキング参加しています
応援よろしくお願いします!

FC2Blog Ranking

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
応援よろしくお願いします!

FC2Blog Ranking

来塾者数
ブログランキング

FC2Blog Ranking

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR