西南学院大 F日程 英語Ⅲ

時間が許す限り
2017年度入試の解答+軽い解説をアップしていきます。

今後どれだけ作成できるかは未知数ですが・・・

今回は、「西南学院大F日程 Ⅲ」 4択問題です。

[問題]
次の英文(a~e)の空所に入れるのに最も適当なものを,それぞれ下の(1~4)から1つ選んで,その番号を記入せよ。

(a)
Clerk: Would you mind waiting?
Customer: ( )
1 Would you? 2 Actually, I’m in a rush.
3 If you don’t mind. 4 Yes, of course, I do. Take your time.

解答は「2」
Would[Do] you mind doing~? 「~していただけませんか」と訳すが
mindの意味は「~をいやがる、迷惑に思う」なので
直訳すれば「~するのを迷惑に思いますか」

本問「Would you mind waiting?」は「待っていただけませんか」→「待つことを迷惑に思いますか。」

Yesといえば「迷惑に思う」→「了承しない」ことになります。選択肢「4」は、了承しないのに、「Take your time (ゆっくりどうぞ)」はおかしい。

本問では、はっきり「No」と言って自己主張するのを避け、
「I'm in a rush (急いでいるんだ)」と理由を述べることで、応答をしています。

このような応答の仕方は、リスニングでよく出題されますよね。

了承する場合の返事として
No, go ahead.
No, not at all.
Of course not.
なども考えられます。

(b)
Jane: I’m really upset. My cat has gone missing.
Paul: ( ) to think of it, I just saw a cat like yours in the park.
1 Go 2 Get 3 Come 4 Give

解答は「3」
Come to think of it 「考えてみれば、そう言えば」


(c) Chris, here comes the last bus! Hurry up ( ) to walk home.
1 or we’ll have 2 and we ought 3 in order
4 so we needn’t

解答は「1」
「命令文, or S V」は「~しなさい。さもなければSV」
「命令文, and S V」は「~しなさい。そうすればSV]です。

問題文の訳は
「クリス、最終バスが来ちゃうよ!急げ!そうじゃないと家まで歩くことになるぞ!!」

ちなみに選択肢「4」
need not to do はダミーの選択肢として、よく出てきます。
このような形はありませんので、速攻消去しましょう!

(d) Sue looked as if she ( ) an orchestra as she moved her hands up and down.
1 were conducting 2 is conducting 3 has been conducted
4 had been conducted

解答は「1」です。
as if の後ろは仮定法、つまり・・・
「SV as if S' + 過去形~」で「S'がまるで~であるかのようにSV」
「SV as if S' + had +過去分詞~」で「S’がまるで~だったかのようにSV」
となります。

as if 以下は「直接法」が続く場合もあります。
これは、1つのテーマになる話ですのでまた次回触れます。

→アップしました。こちらからどうぞ!http://corefukuoka.blog.fc2.com/blog-entry-66.html

(e) The secret of influencing people lies ( ) in being a good talker as in being a good listener.
1 no less 2 not only 3 no more 4 not so much

解答は「4」です。
「not so much A as B」で「AというよりはむしろB」の意味です。
ちなみに「A lie in B」は「AはBにある」

この英文に関しても、もう少し話したいことがありますが・・・
長くなってしまいましたので、とりあえずこれにて終了。
スポンサーサイト
プロフィール

corefukuoka

Author:corefukuoka
福岡市早良区西新の大学受験専門塾
個々の能力を伸ばす超少人数指導
「KENSINGTON 英会話」とのコラボ講座で、英語の4技能(話す・聞く・書く・読む)習得に力を入れています。本物の英語力を身につけたい人はCOREの門を叩いてみよう。
http://core-fukuoka.com/

ランキング参加しています
応援よろしくお願いします!

FC2Blog Ranking

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR