FC2ブログ

資料請求用チラシ②が完成しました。

ケンジントン英会話とのコラボ講座に関するチラシが完成しました。

IMG_1509.jpg

大学受験のみならず
将来につながる英語力を身につけましょう!!

資料請求はこちらから
↓↓↓
http://core-fukuoka.com/contact.html#contact

良い週末を!
スポンサーサイト



ロゴが完成しました!

保護者の方よりロゴをいただきました。

ウェブサイトにも掲載しています。
↓↓
http://core-fukuoka.com/philosophy.html#logo

ロゴを見れば当塾を思い出してくれるような
地域の皆さまから愛される塾運営に努めて参ります。

なぜ「apple」なのか・・・代表に尋ねてみましょう!
答えてくれるかは分かりませんが・・・

過去のブログ 英語(5)  「have to do=~しなければならない」は危険!

日曜日、何とか天気が持ちました。花見を楽しんだ方々も多いのではないでしょうか。

IMG_1423 (1)
塾から20分程度の所にある「祖原公園」の写真です。
確かに曇ってはいましたが・・・
芸術センスのない人間が撮ると、実際の2倍は暗く映るので不思議です・・・

さて、今回も過去の英語の記事より・・・
英文解釈の参考書であれば、必ず触れられている内容です。

●次の英文を日本語訳しなさい。
Ask people for the data they have to back up their statements.

×「彼らが発言を裏付けなければならないデータを人々に求めなさい。」としてはいけません。


ポイントは、関係代名詞の省略を見抜くことです。「名詞+名詞+V」の語順を見たら、関係代名詞の省略パターンで「名詞+(S + V)」と捉えることが重要です。つまり、省略前の形は、「名詞+which(whom, that) S +V」で、Vの後ろは、必ず1つ名詞が不足している形(目的語がないように見える)になるのです。

本問題を「have to =~しなければならない」と考えると、その後ろは完全文になってしまいます。have to back up(=V) their statements(=O) つまり、名詞が1つ不足した形にならないことから、その考え方は誤りであることに気がつくはずです。

ここは、haveの目的語が不足しており、「they have the data to back up their statements(発言を裏付けるためのデータを持っている」だったと考えなければいけません!ちなみに、ここのthe dataが、thatまたはwhichに代わり、theyの前に出てさらに省略されているのです。訳例「発言を裏付けるために彼らが持っているデータを求めなさい。





過去のブログ記事から 英語(3) 「make it」を見誤るな!

福岡の高校では、今日入学式を迎えた方が多いのではないでしょうか。
曇り空ではあるものの、雨が降ることはなく、桜が満開の中、新たな生活を迎えらえれたことと思います。

少し真面目な話をすれば・・・
大学受験を目標とする人は、これから半年間非常に大切になります。
ここで授業についていけないと、かなり厳しくなります。
学習時間をしっかりと確保してください。

それでは、今日は過去のブログ記事から・・・「make it」について

次の会話文の[  6  ]に入る最も適切な英文を,それぞれ①~④から1つ選びなさい。[2013金沢医科大]

A:   Hi Mary. The dinner at your house the other day was great!
B:   Thanks. I was really surprised that my grandmother made it to the dinner, too.
A:   [  6  ]
①  Me, too! He is such a good cook! You should be proud of him.
②  Oh, you didn’t hear about it before? I made it for her.
③  I know. Nobody expected them to show up at the restaurant!
④  Well, what amazed me was how beautiful she looked.


[解答] ④
①、③は誤りであることに容易に気がつくはずです。「②」を解答にする受験生が非常に多い。make it (to A)は、入試では超頻出「(A(目的地)に)たどり着く、間に合う」の意味がある。make it to the train on time「時間通りに電車に間に合う」(ウィズダム英和辞典)本問、make it to the dinnerを「夕食にそれを作った」とか「夕食にそれをした」としてしまうと、「it」が何を指すのかが意味不明になってしまう。

make itは「成功する、うまくいく」「(会などに)出る、都合をつける」といった意味でも用いられる。一度辞書で確認をしておこう。

プロフィール

corefukuoka

Author:corefukuoka
福岡市早良区西新の大学受験専門塾
個々の能力を伸ばす超少人数指導
専門特化した「AO・推薦入試対策講座」「難関私大受験コース」や英語の4技能(話す・聞く・書く・読む)を伸ばす「KENSINGTON 英会話」とのコラボ講座が人気。
http://core-fukuoka.com/

ランキング参加しています
応援よろしくお願いします!

FC2Blog Ranking

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
応援よろしくお願いします!

FC2Blog Ranking

来塾者数
ブログランキング

FC2Blog Ranking

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR