FC2ブログ

9/16 WEEKLY TEST 英語より

大変遅くなりましたが・・・
先週のWEEKLY TESTから、正答率の低かった問題です。

They had a small cottage in the country, ( ) lay a secret garden.
1.which 2.among that 3.behind which 4.that

 正解は「3」です。

 「1」にした人が多かったのですが・・・
 
恐らく、
他動詞 layの後ろに目的語「a secret garden」があると考えて、
空所には主語として働く、主格の関係代名詞whichが入ると思ったのでしょうが・・・

layは他動詞で、「lay - laid - laid」ですが、
仮に上記のように考えたのであれば、
主格whichの先行詞は、「the country」か「a small cottage」のはずですので(次回詳細を解説します)、
どちらが先行詞であったとしても、「lays」にならなければおかしいはずですよね?

さらに、「1」が正解であれば、「4」も正解のはずです。
関係代名詞thatは、基本的に「主格」「目的格」として使用可能ですよね。

「They had~」から、おそらく「lay」も過去形でしょう!

自動詞 lieは 「lie - lay - lain 」ですよね!
ここでの「lay」は、自動詞 lieの過去形です。

それでは、自動詞の後ろにある名詞「a secret garden」は何なのか?
これは
S + V + M → M + V + S
任意倒置です。

次回に、詳しくまた説明をしたいと思いますが、例文を1つ挙げておきます。
次のような英文の書き換えが可能です。

A school(=S) stands(=V) on the top of the hill(=M).
On the top of the hill(=M) stands(=V) a school(=S).

情報の流れを考えた場合、断然後者の方がきれいな英文だと言えるようです。詳細はまた次回に!

話を戻しますが、
この問題でも、( ) (=M) lay(=V) a secret garden(=S)
となっていることに気がつけたかどうかです。


本日は正解が「1」にならないことを伝えたかったので・・・
続きは後日また!!

~補足~
「M+V+S」倒置」についての補足は、こちら→http://corefukuoka.blog.fc2.com/blog-entry-69.html
スポンサーサイト



高1・2生に贈る!定期テスト無料対策講座 英語 

こんばんは!

本日は告知をさせていただきます。

「CORE」では

高1・2生を対象に

「英語 定期テスト無料対策講座」を開催します。

9 / 25~
毎週 月、水、金17:00~21:00 

・定期テストの範囲に関する授業
・授業の復習テスト
・予想問題

を上記の日時の中から、計4回(4時間)無料でご受講いただけます。

定員になり次第締め切りとさせていただきます。

お問合せ、お申込みは、
下記アドレス「ホームページ問合せ」からお願いします。
http://core-fukuoka.com/contact/index.html



文理分け

高校1年生の皆さんは、
そろそろ「文理分け」調査が学校で行われる、もしくはもうすでに行われたのではないでしょうか。

文系に進むべきか、理系に進むべきか・・・

将来の夢がしっかりと決まっている人にとっては、
何も難しいことではないでしょう。

しかしながら、
高校1年生の大半の人は、
なんとなく行きたい大学は決まっていても、学部学科のことまでは考えが及ばないのではないでしょうか。

余談になりますが、
20年ほど前は、文系を選択する人が圧倒的に多かったように思います。
比率にして2:1ほどだったと記憶しています。

ここ10年ほどは、
理系クラスの方が多い学校がふつうとのことです。

景気も関係しているのかもしれませんが、
「文転(理系から文系へ途中で変えること)は容易にできるが、理転は厳しい。」
という通説があるからでしょう。
「迷ったら理系へ」という感じでしょうか。

しかしながら、
途中で文理クラスを変えることを許さない高校も少なからずあるようです。

文理分けで悩んでいる人は、この機会にしっかりと情報収集をして、
自分の将来像をぜひ真剣に考えてみてください。
インターネットを開けば、情報収集は容易にできるでしょう。

大学を訪れて、
現役大学生や大学の教授、職員の方の話を聞くのも良いと思います。
大学側も学生獲得に必死ですので、親身に相談に乗ってくれるかもしれません。
アポは事前にとった方がよいでしょうが・・・

高2や高3のときに、将来の夢が変わって、進路変更することはもちろんあるでしょう。
高1の時に真剣に文理分けを考えていた人は、
そのような場合でも、最終的に良い結果がだせています。
あくまでも経験則でしかありませんが・・・

理転して医学部合格した教え子も数名いました。

ぜひ、この機会に、自身の将来の夢について真剣に考えてみましょう。

英語 生徒の質問より 「偶然出くわす」

本日は、生徒からあった質問をブログネタに使わせてもらいます。

「偶然でくわす」という表現は、大学入試では超頻出ですが・・・

come across 人 / 物 = run across 人 / 物 = come on 人 / 物

上記の表現は、
目的語に「人」「物」どちらも置くことができます。
意味は、
meet somebody by chance「人に偶然出会う」 *by chanceは「偶然」の意味。ちなみに、on purposeは「わざと」
find something by chance「物を偶然見つける」
といった感じです。

ちなみに・・・
come across as A 「Aという印象を与える」なんていう表現もありますので、しっかりと分けて覚えましょう。

「偶然出くわす」に話を戻しますが、

「run into」は基本的に「人」のみを目的語にとります。

run into  「人に偶然出会う」


「物」を目的語に置く場合もありますが、そのときの意味は

run into 物
(1) to enter an area of bad weather 天候の悪い地域に入る
つまり、into以下には「悪い天候」を表すものがくる。
I ran into thick fog on the way home. 「家に帰る途中で深い霧に出くわした。」
(2) to experience difficulties 困難なことを経験する


文法問題で、そこまで細かい内容は問われないと思いますが・・・
英作文で使用する際には、注意しましょう!

16 東海大医学部 英語(2) 等位接続詞には注意せよ!

本日は、前回の続き

「2016年度 東海大 医学部」の和訳問題の一部抜粋「構文解説編」です。
「語彙解説編」はこちらから→http://corefukuoka.blog.fc2.com/blog-entry-59.html


次の英文を読み,下線部(1)と(2)を日本語に訳しなさい。

Many countries in the developed world are facing problems associated with aging populations and declining birthrates. One of the most complicated of these problems is the funding of pensions for the growing number of retired people. Throughout the last century, (1)improved sanitation and advances in medical care have led to more people living to advanced ages. ~以下省略~

今回は、等位接続詞について。

等位接続詞「and, but, or」は、本当に厄介です。
何が厄介かというと、
等位接続詞は、文と文を結ぶだけでなく、
同じ品詞の語やかたまりを結びつけることができる」のです。

基本的には、
等位接続詞の後ろにある語(句)を確認して、
前にある同じ品詞の語(句)を見つけて
並列関係を見極めるようにします。
(実際には、もっと複雑な英文もありますので、それはまた次回にでも)

今回の問題に関して、
andは、「sanitation」と「advances」を結びつけています。

厄介なのは、これら2語の前後に、
修飾語句「improved」「in medical care」があることです。

大学入試では、
修飾語句が並列関係にある名詞を修飾する場合、
どちらの名詞にもかかっていくことが多いです。
今回に関しても
「improved」「in medical care」は「sanitation」「advances」どちらにもかかっていくはずだと
まずは考えるクセをつけてください。

ただし、可能性としては、
「improved」が「sanitation」のみを修飾して、
「in medical care」が「advances」のみを修飾する
ことも考えられます。

どちらになるかは、訳してみて最終判断するしかありませんが・・・
クドイですが
まずは、前者のように考えるクセをつけましょう。

前者で和訳をすれば
改善された医療の衛生面と進歩」となります。
これは厳しい・・・「進歩」は「なされる」ものであって「改善」されるものではないはずです。
つまり「進歩が改善される」というところに違和感を持ってほしいのです。

後者で和訳すれば
「改善された衛生面と医療の進歩」でこちらの方がしっくりくすはずです。
したがって等位接続詞「and」は
「improved sanitation」と「advances in medical care」を結びつけていることになります。

最終的には、英文内容を理解してどちらが正しいかを吟味しなければいけません。
厄介ですね・・・

英文を読む際、「and, but, or」には細心の注意を払う必要があります。
最終的には、場数を踏むことが大切だと思います。

くれぐれも、等位接続詞をバカにしないように!

訳例「衛生面の向上と医療の進歩により,より多くの人々が長生きできるようになってきた。 」  




16 東海大医学部 英語(1)

9月に入り、福岡では
朝夜は若干涼しさが感じられるようになってきました。

福岡の県立高校に通われている生徒の皆さんは
体育祭の練習に全力を注がれていることでしょう。

そんな忙しい時期であっても
最低限教科ごとに学習する内容を決めて
継続させることが大切だと思います。

「CORE」では今週はWEEKLY TESTがありません。

そこで、ブログでは
今週末~来週にかけて、
過去問を少し紹介したいと思います。

本日は、「2016年度 東海大 医学部」の和訳問題の一部抜粋です。

ぜひ問題にチャレンジしてみてください。

次の英文を読み,下線部(1)と(2)を日本語に訳しなさい。

Many countries in the developed world are facing problems associated with aging populations and declining birthrates. One of the most complicated of these problems is the funding of pensions for the growing number of retired people. Throughout the last century, (1)improved sanitation and advances in medical care have led to more people living to advanced ages. ~以下省略~

いかがでしょうか。一見容易そうに見える問題ですが・・・結構厄介です。

今日→語彙の確認
次回→構文の確認
の全2回で解説を行います。

では、今日は単語や語彙を確認しましょう。

improve 「~を改善する」

sanitation 公衆衛生」「衛生設備、下水道設備」
→偏差値60~63の生徒たちが覚えきれていなかった単語です。sanitary「(公衆)衛生の」は、大学受験用の単語帳にも掲載されているはずです。「LONGMAN] sanitation ; the protection of public health by removing and treating waste, dirty water etc.

advance 可算名詞 「進歩」
progress 不可算名詞 「進歩」も一緒に覚える。

lead to A 「Aという結果になる」
His foresight led to success in business.「彼には先見の明があったので商売に成功した。」(ウィズダム英和辞典)
無生物主語をとる動詞で、「無生物主語を副詞的に訳すとこなれた日本語になる!」いわゆる無生物主語構文というやつです。
どこかでまた触れたい内容ですね。

advanced ages これは面倒ですね。
医受験生であれば、ageについて「年齢」「時代」ぐらいの意味は、ご存知でしょう。
ageが「時代」の意味で用いられる場合は、通例単数扱いですので、ここでは「年齢」の意味になるはずです。
advancedには「老年の」の意味がありますが、「進んだ年齢」→「高齢」だということは類推できそうです。

因みに、 「結果」の意味を表す副詞的用法live (up) to 年齢 「~歳まで生きる」は、
ぜひ覚えておきたい表現です。
仮に、age「時代」は基本単数形で用いるということを知らなかったとしても
この表現を知っていれば、live toの後ろにある「advanced age」は「年齢」を表すことは推測できそうです。


しかし・・・
早く受験問題から「和訳問題」がなくなれば良いのですが・・・
「英語は英語で処理する」能力を身につけることが大切だと思う今日この頃です。




プロフィール

corefukuoka

Author:corefukuoka
福岡市早良区西新の大学受験専門塾
個々の能力を伸ばす超少人数指導
専門特化した「AO・推薦入試対策講座」「難関私大受験コース」や英語の4技能(話す・聞く・書く・読む)を伸ばす「KENSINGTON 英会話」とのコラボ講座が人気。
http://core-fukuoka.com/

ランキング参加しています
応援よろしくお願いします!

FC2Blog Ranking

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
応援よろしくお願いします!

FC2Blog Ranking

来塾者数
ブログランキング

FC2Blog Ranking

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR