FC2ブログ

京都大学2018年より

今回は京大の記述に挑んでみましょうか。

「9世紀の文化と10・11世紀の文化の特色を対比的かつ具体的に200字程度で述べよ」
という問題です。

記述らしくないなと感じる人も多いですね。

なぜかというと、日本史が少し得意な人がキーワードをたくさん織り込めば200字は簡単だからです。
それぞれの文化の説明を100字ずつ書けばよいのですから、一見簡単に思えますね。

ただここでひっかけですね。

特色を具体的に書くのですから、
お寺や人物をいくら書いても満点にはなりませんね。


9世紀の文化、つまり弘仁貞観文化は、
依然として唐の影響が強く、密教と漢文学の文化と言える。
現世利益を求める貴族の間で密教が広まり、勅撰漢詩文集で分かるように漢文学が流行であった。


10・11世紀の文化である国風文化では、
遣唐使の廃止の影響があり、日本独自の浄土教やかな文学が主流となった。
末法思想によって極楽浄土を願う貴族が増えた。
また古今和歌集のように和歌や日記が広がり、女性も文化の一端を担った。

皆さんの解答と比べてみましょう。確かにいくつか対比となるキーワードは挙げていますが、例えば「室生寺」「鳳凰堂」「空海」「空也」「嵯峨天皇」「藤原道長」「源氏物語」などのキーワードは必要ないはずですね。この時代の文化は本当に入試に頻出です。他の文化と比べながら覚えていきましょうね。

自分の解答はどうですか~という人はいつでも御連絡ください。
ぜひ一緒に考えて、より良い解答を作り上げましょう。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

corefukuoka

Author:corefukuoka
福岡市早良区西新の大学受験専門塾
個々の能力を伸ばす超少人数指導
専門特化した「医学部受験コース」「難関私大受験コース」や英語の4技能(話す・聞く・書く・読む)を伸ばす「KENSINGTON 英会話」とのコラボ講座が人気。
http://core-fukuoka.com/

ランキング参加しています
応援よろしくお願いします!

FC2Blog Ranking

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR