FC2ブログ

高3生 英語 少し前の宿題から

本日は、少し前に高3生へ出した宿題から、
質問の多かった問題です。

下線部に注意して意味を考えてみてください。

Learning another language makes us realize the relativity of our values, be they cultural or linguistic.

動詞の原形を文頭に置いて、「譲歩」を表す表現があります。
be it ever so~の形で頻出です。

Be it ever so humble, there's no place like home.
「どんなに粗末であっても、家のような場所はない。」

他に…
Come what may, I'll be ready.
何が起こっても、私は準備ができている。

大学受験向けの参考書では、「Be S~」=副詞節の「whether S be~」と書かれている場合が多いですね。

また、竹岡広信先生著「英文読解の原則125」(駿台文庫)には、
次のような説明がありました。

「ー省略ー これは仮定法現在と呼ばれている形で、一種の命令文のようなものです。日本語でもwhether S Vを訳すときに「~であれ、~であれ」とすることがありますが、「あれ」は日本語の命令文の一種ですね。-省略ー」 p.56

なるほど…日本語にも同じような表現があるとの説明・・・面白いですね。

ちなみに、仮定法現在とは、命令・決定・主張などなどの動詞の後ろのthat節中に「should V」または、
「動詞の原形」をとる、という奴が有名ですね。
私たち世代は、「should」を省略と習いましたが、厳密にはそうではなく、命令文です。

問題の日本語訳です。
別の言語を学ぶことによって、我々の価値観が、文化的なものであれ言語的なものであれ、相対的なものであることを悟る。

高3生は、今週末に前期前半の復習テストを行います。
しっかりと復習を!!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

corefukuoka

Author:corefukuoka
福岡市早良区西新の大学受験専門塾
個々の能力を伸ばす超少人数指導
専門特化した「AO・推薦入試対策講座」「難関私大受験コース」や英語の4技能(話す・聞く・書く・読む)を伸ばす「KENSINGTON 英会話」とのコラボ講座が人気。
http://core-fukuoka.com/

ランキング参加しています
応援よろしくお願いします!

FC2Blog Ranking

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
応援よろしくお願いします!

FC2Blog Ranking

来塾者数
ブログランキング

FC2Blog Ranking

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR