FC2ブログ

西南学院大 F日程 英語Ⅳ

本日は

「2017年度 西南学院大 F日程 英語Ⅳ」 正誤問題です。

西南学院大の正誤問題は、
誤っている箇所を指摘するだけでなく

正しい語形に書き換える」必要がありますので、
他大学の問題と比較して、少し厄介な一面もありますが、
標準的な問題で、良問揃いなので、間違いたくないところです。

それでは、問題を見ていきましょう。

次の英文(a~e)には文法・語法上の誤りがそれぞれ1つある。下線を施した箇所からその語を選び,正しい語形に書き換えよ。解答欄には書き換えた1語を記入せよ。

(a) What do you say to finish our drinks and going back home?

正解は finish → finishing

toは前置詞なので、後ろには動詞の原形ではなく動名詞を置かなければいけません。

以下グループ化して暗記しましょう!

to doは×! to+名詞 または to+doingになるもの!!
object to A / doing 「~することに反対する」
look forward to A / doing 「~することを楽しみに待つ」
be used [accustomed] to A / doing 「~することに慣れている
get used [ accustomed ] to A / doing 「~することに慣れる
devote A to B / doing 「~することにAをささげる」
when it comes to A / doing 「~することになると」
what do you say to A / doing 「~しませんか」


(b) I found my house breaking into when I got home late last night.

正解は breaking → broken

break into A 「Aに押し入る」は暗記しましょう!

find は5文型をとる動詞です。
foundの後ろ my house(=O) breaking(=C) です。

「OとC」には「主述関係」があるのですが、
「私の家が押し入る」のはおかしいでしょう。
「私の家は押し入られる」・・・つまり受身にしなければいけません。

ちなみに、
intoの後ろに目的語がないのはおかしい→受身にするのかな?
と考えらえるようにしたいところです。

(c) Some people find traffic rules irritating, but there’s a reason behind every rule ― which is to keep you safety.

正解は、safety → safe

keepは5文型をとる動詞です。
keep の後ろ you (=O) safety(=C) ですが…

補語の働きをするものは、「形容詞」と考えてください。
もちろん、補語の位置に、名詞を置くこともありますが…
まずは、「補語=形容詞」と捉えることが大切です。

She is happiness. とは言いませんよね!
She is happy. と言うはずです。

(d) Jack and Ann went to a party where four other married couples were present. Every person shook hand with everyone he or she was not acquainted with.

正解は、hand → hands

shake hands (with A) 「(Aと) 握手する」
握手は「自分の手」と「相手の手」が必要なはずですので、必ずhands=複数形にします。

他に・・・
change trains / planes 「列車 / 飛行機を乗り換える」
take turns (in / at) doing 「交替で~する」
make friends with A 「Aと親しくなる」
change jobs 「仕事を変える」

などがあります。

ちなみに、形容詞として働くpresentは、語順で意味が変わります。
① be present 「出席している、存在している」
  「名詞 + present」 で 「出席している名詞」
②「present + 名詞」で「現在の名詞」

となります。

(e) Proper etiquette, or good manner, refers to the socially acceptable way in which people conduct themselves when in the presence of others.

正解は、manner → manners

日本語で言うところの「マナー=行儀作法」は、「manners」です。

ちなみに、
socially acceptable way 「社会的に受け入れられる方法」部分が
social acceptable way となっていて間違いとする問題がよく出題されます。

acceptable(=形容詞)を修飾するので、副詞 sociallyにしなければいけません
和訳のみで正解を導き出そうとする人は、この手の問題に太刀打ちできません。

品詞、文構造を考えさせる問題は
近年頻出ですので注意しましょう!

どれも基本問題だと思います。
全問正解を目指したいところです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

corefukuoka

Author:corefukuoka
福岡市早良区西新の大学受験専門塾
個々の能力を伸ばす超少人数指導
専門特化した「医学部受験コース」「難関私大受験コース」や英語の4技能(話す・聞く・書く・読む)を伸ばす「KENSINGTON 英会話」とのコラボ講座が人気。
http://core-fukuoka.com/

ランキング参加しています
応援よろしくお願いします!

FC2Blog Ranking

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR